横浜ピンサロ求人の体入で確認すべきこと

横浜ピンサロ求人における体入のチェックポイント

体入でお店の繁盛度をチェック

横浜のピンサロ求人に応募し面接に合格したら、体入のときにお店の繁盛度をチェックすると良いでしょう。ピンサロは風俗に分類されていますが基本的に給料は歩合なので、デリヘル・店舗型ヘルスのように歩合という訳ではありません。そのため接客機会がほとんどない場合でも出勤した時間分の給料は支払われます。ただあまりにも来客数が少ないお店では、早く帰されることも増えるため稼ぎは減ってしまいます。

関東首都圏を代表する繁華街である横浜は、学生・会社員・観光客まで様々なタイプの男性が風俗店を利用します。そのため連日多くの男性に利用される繁盛店も少なくありません。ただ風俗店の数が多い激戦区でもあるため、お店によって来客数は大きく異なります。そのため選んだお店によっては全く稼げないこともあるので、体入のときに繁盛度を確認しておきましょう。できれば金曜夜や土日祝など街が賑わう日ではなく、平日に体入を行って状況を見ておくとさらに良いといえます。

横浜ピンサロ求人の体入でお客さんの質を確認


ピンサロで仕事をするときに確認しておきたいのは、お店を利用するお客さんの質です。清潔感のある街並みが印象的な横浜ですが、海外から来ている人が多い・下町のような地域があるといった特徴もあります。そのため紳士的で優しいお客さんだけでなく、暴力的・気が短いといったタイプの男性に接客する機会もゼロではありません。また横浜ピンサロでは質の悪い男性が集まるお店もあるので、気分良く働きたい方はそのような職場は避けたいところ。

お客さんの質を確認するのにうってつけなのが体入期間です。自分を指名してくれるお客さんが何人付くかは分かりませんが、数人付いて「恐い」感じを受けたお客さんが多い場合は注意する必要があります。またピンサロ店ではお酒を飲んだ男性に接客をすることもあるので、常連客であればできるだけシラフの状態だけでなくお酒を飲んだときの状態も確認できれば良いでしょう。

店内の人間関係を知る


横浜ピンサロ求人の体入で確認すべきことのひとつが、お店における人間関係についてです。一般の仕事に比べると同僚の女性やスタッフと接することは少ないものの、あまりにもギスギスした環境は働きにくいと感じられるでしょう。ただ1~2日程度では相手の人間性を見極めるのは難しいです。そのため体入時にお店全体を見て、人間関係で問題がないかを見てみると良いでしょう。